チャイルマインダーとは?

チャイルドマインダーとは?

チャイルドマインダーは保育ママの保育形態と同じ
【家庭的保育】です。0歳から12歳までの子どもを対象に、保護者の子育て方針に沿いながら極め細やかな保育を行います。

チャイルドマインダーとは、信頼される家庭的保育のスペシャリストのことです。 英国では70年以上の歴史があります。家庭外保育を必要としている全英の71%の子育て家庭が利用しています。 お預かりするお子様の年齢は0歳から12歳までを対象としており、子育て家庭の育児・教育方針に沿い、安全で安心な保育を行います。 1名のチャイルドマインダーで対応できるお子様の人数は1名から4名まで(年齢による)と厳しく決められており、少人数保育の中で、お子様が「大切にされていることを実感」し、安心して過ごすことができ、それぞれのお子様の個性に合わせたキメ細やかな対応が可能です。

NCMA 認定チャイルドマインダーのスキル

NCMA Japanで学んだチャイルドマインダーは、子どもの発達、保育・教育における社会環境、しつけ、保育実技(離乳食や沐浴、遊びなど)、保護者とのコミュニケーションの取り方までトータルに学んでいます。
検定試験の合格者だけが、NCMA ネットワークに入会でき、
Indipendent ChildMinders S.E C.I.Cからの修了証も合わせて取得しています。

NCMAネットワーク入会のチャイルドマインダーは、ブラッシュアップ研修(年1回以上)、安全基準、リスクマネジメント講座、病児ケアマインダー研修を受け、MFAジャパン社幼児・小児救急救護法国際ライセンスを取得しています。
また、チャイルドマインダー総合補償制度(保険)に加入し、万全の体制で
お子様のケアにあたっています。

英国式チャイルドマインダーって何?

イギリスの職業基準資格(QCF)となっている乳幼児から児童を対象に仕事をする幼児教育分野の専門職業です。職業基準資格(QCF)は、ナーサリーナースや幼稚園教諭やチャイルドマインダーが更にスキルアップを目指すためにチャレンジする資格制度です。
チャイルドマインダーが保育することを「チャイルドマインディング」といいます。英国団体のIndipendent ChildMinders S.E C.I.Cによる英国内でのチャイルドマインダー教育プログラムは、職業基準資格取得に連動しています。

NCMA,Japanのチャイルドマインダーは、英国団体のIndipendent ChildMinders S.E C.I.Cのトレーニングプログラムを受講し、チャイルドマインダーの専門知識と技術を取得しており、現在プロのチャイルドマインダーが全国に約2万人います。日本国内で唯一、Independent ChildMinders S.E C.I.Cと独占契約を持つNCMA,Japanに入会登録し、NPO法人日本チャイルドマインダー協会登録の会員であるチャイルドマインダーが、正式なオフィシャルマインダーといわれます。